算数はまず基礎の基礎

中学受験も高校受験もそうですが、算数、数学の成績は各学校で重要視されており、配点についてもかなり高くなっています。そのため、算数、数学を制する者は受験覇者となれるといわれているのです。でも、中学受験の算数は大人が驚くほど難解です。難しい応用問題、しかも記述式が多いため、小学生が解くにはハードルが高いとびっくりしてしまいます。

中学受験の難しい算数の応用問題を解く前に、算数の基礎の力を整えておくことが必要です。応用問題は、算数の基礎学力がなければ解くことができないからです。中学受験の準備に、小学校6年生になってから入ったというお子さんは、基礎を今からやり直す時間は持てないので、応用問題をいくつも解いて、その中で基礎学力の向上を試みることが必要ですが、小学校低学年、また小学校4年生くらいから中学受験準備に入るということなら、算数の基礎学力の向上をしっかり考えていきましょう。

計算問題は特に時間を計り正確に解く練習が必要です。というのも、最近算数の出題傾向に、記述式の難しい応用問題と共に、かなり多い計算問題が出題される傾向にあるのです。つまり応用問題も解ける能力があり、正確な計算スピードを持っていることも必要となるのです。計算問題こそ、小学校低学年から磨ける力です。ドリルなどを多数こなし、正確に早く計算が解ける様にしておきましょう。