音読から黙読へ

国語の宿題でよく出るのが音読です。音読は自分の口を動かし音を耳で聞くことで、より記憶を高めるということになるので、中学受験でもたくさん行ってほしい勉強法ですが、入試の際に活かすように利用するとなると音読だけではいけません。

音読は声をだし文章を読むということになりますが、入試の際には声を出して問題を読むということができません。ほかのお子さんたちの妨げとなるので、音読ではなく問題を読むときには黙読です。音読だけ行ってきたお子さんは、問題を理解する際にも音を出して読み、理解しよう、問題を把握しようとするため、入試の際、自分の力を発揮できないこともあります。

音読と黙読、両方を行うという勉強方法が一番です。まずは文章を音読し、できれば保護者など家の人に聞いてもらいます。音読は大きな声を発し、人に語りかけるように行うと、面接の際の発声練習ともなります。その後、同じ文章を黙読します。音で耳に入ってくるより、内容をしっかり理解しようと考えるため、集中力もぐっと上がるはずです。

音読と黙読、両方をしっかり頑張ることで国語力もしっかり成長していくでしょう。お子さんが音読をしていたら、一緒に聞いてあげて、その後、黙読の際には静かに見守りましょう。