漢字はドンドン覚えよう

中学受験では保護者が勉強を指導しないようにといわれます。大人はすでに方程式や公式など、中学、高校、大学で習っていますので、どういう問題を解くにしても一番楽で一番理にかなった方法で行おうとします。でも中学受験を目指すお子さんは小学生です。まだ習っていないこともたくさんあり、小学生の習うことを利用して、問題を解くことが必須となるので、保護者が指導した場合、×になる可能性もあるのです。

ではまったく勉強の指導ができないのかというとそういうこともありません。漢字についてはドリルなど使い、お母さんやお父さんと一緒にどんどん磨いてほしい勉強です。漢字についても小学校で習う漢字などがありますが、漢字はほかの応用に関係する、解き方が中学、高校で変わっていくなどがありません。読み書きについても記憶で鍛えていくものです。

家庭の中でゲーム的に読みの練習を行ったり、漢字検定などにチャレンジしても目標が出来てやる気も高くなっていくのでおススメです。漢字はゲームの様に覚えることもできるので、保護者がサポートできる唯一の科目なのかもしれません。漢字は大人になるほど多用するようになっていきますし、勿論中学受験にも関係してきます。早いうちからしっかり学び、自分の力としていきましょう。