小学校の授業だけじゃダメ

中学受験が難解であるといわれるのは、小学校で習う範囲を超えた入試問題が出題されるからです。大人が中学の受験問題を見るとこれが小学生に出題される問題なのか?と目を見張ることも少なくありません。そのくらい、レベルの高い問題が出題されるので、中学受験は大きな壁となるといわれるのです。

中学受験を志すお子さんたちの多くが進学塾へ通いますが、そのほか、公立中学に行くお子さんたちも補習塾などに通っています。小学校の授業だけでは不十分と思われている保護者が多いのです。

ゆとり教育となってから授業時間がかなり減りました。また最近はゆとり廃止の動きが出てきていますが、いったん少なくなった授業時間を元に戻すのは容易ではありませんし、公立中学では国の指導要領によって授業数、カリキュラムが決められていますので、私立中学の様に学校独自で授業数を多くするということもできません。

そのため、公立中学に通うお子さんの中にも、高校受験などを見据えて塾に通うお子さんが多いのです。もちろん中には小学校の授業だけで十分理解し、中学受験に独学で挑むお子さんもいます。でもこれは本当に稀なことで、実際には自分の時間を削って勉強に励むお子さんがほとんどです。中学受験を目指すお子さんについては、そのお子さんの教育環境など違いがありますが、小学校の授業だけでは不十分といえるのかもしれません。