進学塾に行くとき

これから中学受験を目指そうかなと考えているご家庭、またそろそろ中学受験準備をしなくてはと思っているご家庭、たくさんあるでしょう。最近は多くのご家庭で、魅力ある私立中学にお子さんを入学させたいと、比較的早い段階から、中学受験を見据えた学習を行っています。

その学習、指導方法の一つが、塾の利用です。進学塾、補習塾、個別指導塾、また家庭教師などがありますが、中でも、中学受験を目指す多くのお子さんが利用されているのが、進学塾です。大手進学塾などは全国展開しているため、各地域でかなり多くの生徒数があります。

では中学受験を目指す場合に、いくつになったら塾を利用すればいいのか、一般的には小学校5年生といわれています。これは少なくとも小学校5年生になったら進学塾など、中学受験に特化した指導をしてくれる塾に行く、ということで、その前から、塾を利用しているお子さんは多いです。

教育熱心なご家庭では小学校低学年から進学塾を利用するということもありますので、いくつから、というよりも、中学受験を考慮しお子さんの学力を理解することで、必要となったら通わせることが重要ではないでしょうか。お子さんの学力が低い状態で、すぐ進学塾に通わせても追い付いていけないということもありますので、まずは、お子さんの学力の理解が重要です。