塾にも種類があります

中学受験を志すお子さんをお持ちの保護者は、色々な知識を持っていると思いますが、小学校高学年になってから中学受験を志すと決めた保護者は、中学受験に必要なことがよくわかっていないこともあります。中学受験実施校に行くことを目指すのであれば、特に塾はとても重要なこととなりますが、まずは塾の種類について理解を深めておきましょう。

中学受験を目指すお子さんの多くが通うのが、進学塾です。通常、進学塾では集団型指導が行われているため、入塾の際にはテストが行われます。この学力テストで学力レベルごとのクラスを決め、指導を行っていきます。大手進学塾は下のクラスでも一定の学力レベルを持ったお子さんが多いので、学力レベルが低い、基礎学力がついていないお子さんは補習塾に通ってからその先の塾を選択していくといいでしょう。

補習塾は学力が低めのお子さんや、学校の授業の予習、復習を行う塾です。進学塾の様に学習スピードが速いということもなく、学校の授業に沿って指導が行われるため、成績向上のために利用されるご家庭が多いです。

総合塾は入塾テストを行い、クラス分けを行う塾もありますし、ない塾もあります。一般的に学力レベルを分けて指導を行うことが多く、進学塾に行くにはちょっとレベルが低い、でも補習塾レベルは攻略できているというお子さんに向いています。