過去問は手を出す時期を考える

中学受験の問題は非常に難解であるとどのサイトでも説明しています。確かに国語も算数もどれも難しく、中学に入ってから指導されるような内容もあるため、塾では先取り教育を行っているくらいです。その中で効率よく勉強できる方法に過去問があります。

過去問は通常、塾の宿題として利用されたり、自宅学習で利用するものですが、あまりにも早く始めてしまうとお子さんの不安をあおることになるので、時期を慎重に選びましょう。なぜ不安をあることになるのかというと、「難しいから」です。

小学校6年生までの教育カリキュラムを終えた状態で問題を確認しても、難しいなと感じる問題なのに、小学校4年生や5年生で過去問を見たら、さっぱりわからないというのが普通です。過去問は志望校を設定してから購入し利用するようになると思いますが、志望校設定が早い時期でも過去問は、小学校6年生の秋を過ぎてから行うようにしないと、まったくできないというお子さんもいるはずです。

過去問を解ける学力が備わってから過去問に繰り返し挑戦する方が、過去問をより活用できます。塾で宿題に出るようになってから自宅で宿題と一緒にほかの問題も解いてみるというお子さんもいます。保護者の皆さんは早すぎる段階で過去問を与えないように注意が必要です。