志望校とお試し受験

中学受験は各地で一斉に行われるのではなく、地域によって時期をずらして行われることが多いですし、最近は私立中学など受験者数が増加したこともあり、午前、午後に試験を行うことも多くなっています。多くの受験者が自分の志望校を受験できるように、また併願ということも考慮しての、学校側の配慮です。

東京と神奈川、千葉と埼玉の受験日程はずれています。これは私立中学高等学校協会の協定によるもので、東京と神奈川は2月以降の入試、千葉県や埼玉県は1月中に試験を実施することが決められています。東京や神奈川の受験を考えている生徒は、千葉県や埼玉県の私立中学などで、お試し受験を行うことが多くなっています。

お試し受験というのは、本命の試験の前に別の学校を受験し、受験当日の雰囲気や時間の配分など、実際に本番の入試を行うことで、お試ししておく、という受験です。当然受験費用が掛かりますが、お試し受験を行っておくことは、お子さんの緊張を解くという意味でもいいことです。

2月受験のお子さんは1月受験を経験できるので、2月受験が本命の場合、多くのお子さんが1月受験でお試し、腕試しを行っています。通常、中学受験では5項くらいの学校を受けますので、その中にお試し受験を入れておくといいでしょう。