中高一貫教育にもいろいろ

国公立の中高一貫教育校も非常に多くなっています。中高一貫教育校の魅力は、通常公立の場合、中学3年間、高校3年間で行われる教育を6年間という期間の中で、一貫した教育指針で指導を受ける事ができるという魅力です。

公立中学から高校に行く場合には、受験がありますが、中学3年生にとき、受験勉強だけを行うのではなく、通常のカリキュラムをこなしながら受験勉強を行う必要があるので、かなり大変です。中高一貫教育校の場合、高校受験は基本的にないため、高校3年生になって大学受験のための勉強を始めます。もしも先取り教育を行っていないとしても、高校3年生までという時間の余裕があるため、受験に取り組みやすいという魅力があります。

ただ中高一貫教育校にも、いろいろあり、完全中高一貫教育校では、中学入学時点以外募集無という学校です。高校から受験してこの学校に入学するということができないため、完全中高一貫教育校に行きたい場合、中学受験を経験し、中学から入学することが必須となります。

こうした学校の違いを理解していないと、中学受験をしなくても高校で考えればいいと思ってしまい、チャンスを逃すことのもつながります。学校のこうした情報や規則は、保護者がしっかり確認し、後悔することがないように受験準備を進めていくべきです。