お子さんの事を考えた受験を

中学受験が、悪い言葉でいえば流行っている、いい言葉でいえば選ばれています。なぜここまで中学受験を目指すご家庭が多くなったのかというと、国の教育方針がいまいちはっきりしないこと、また公立中学の指導カリキュラムの問題などたくさんの背景があります。ただ、しっかりといえることが、私立中学や国公立の中高一貫教育校は筋の通った教育方針があり、建学精神に沿って曲げない教育が行われているという魅力がある事でしょう。

お子さんの進路を中学の時点で選ぶことができるのなら、高校で受験の時、学力不足で悩んだり、もっと勉強させておけばよかったと思うことも少なくなるでしょう。中学生よりも小学生の方が保護者の考えに反抗しないので、素直に勉強してくれる可能性も秘めています。

保護者が理想とする学校を選択し、お子さんの志望校として設定するということが多いので、お子さんの心が置いていかれがちになります。でもこれでは、中学受験を志す意味が分からず勉強をがんばれなくなるかもしれません。お子さんをないがしろにした中学受験は考えられないのです。

お子さんのことに一生懸命になるあまり、どうしてもお子さんの気持ちが置いていかれがちになりますが、そうではなく、お子さんの気持ちをしっかり汲み、お互いによく会話を持って納得の上、中学受験を目指しましょう。